動画一覧

医師向け資材

患者さん向け提供⽤資材

ユルトミリス®処方時に必要な情報ユルトミリス®処方時に必要な資料となります。

用量計算ツール

患者さんの体重を⼊れると、ユルトミリス® 高濃度製剤の初回投与量及び2回⽬以降の投与量が計算できます。
※高濃度製剤:ユルトミリス®HI 点滴静注300 mg/3 mL・ユルトミリス®HI 点滴静注1100 mg/11 mL

体重をご入力ください

数値のみ半角で入力してください。
XXXX mg
330 mg/3 mL 300 mg/3 mL  XXバイアル
XXXXmg X 週ごと
330 mg/
3 mL
300 mg/3 mL  XXバイアル 300 mg/3 mL  XXバイアル
1,100 mg/
11 mL
1,100 mg/11 mL  XXバイアル 1,100 mg/11 mL  XXバイアル

計算結果については細心の注意を払っておりますが、ご利用の環境によっては予期せぬ問題が生じる可能性がございます。
詳細については、ユルトミリス®の最新の電子添文をご参照いただき、改訂にご留意ください。

体重に基づいた投与スケジュール

体重 初回
投与量
初回投与時の
ユルトミリス®
300 mg/3 mL
のバイアル数
2回目以降 2回目以降のユルトミリス®高濃度製剤のバイアルの組み合わせ
投与量(mg) 投与間隔 300 mg/3 mL 1100 mg/11 mL
5 kg以上
10 kg未満
600 2 300 4 週ごと 1
10 kg以上
20 kg未満
600 2 600 2
20 kg以上
30 kg未満
900 3 2,100 8 週ごと 7
30 kg以上
40 kg未満
1,200 4 2,700 9
40 kg以上
60 kg未満
2,400 8 3,000 10
60 kg以上
100 kg未満
2,700 9 3,300 11
3
100 kg以上 3,000 10 3,600 12
1 3

※濃度の異なる製剤(ユルトミリス®点滴静注300 mgとユルトミリス®HI点滴静注300 mg/3 mL及び1100 mg/11 mL)を混合して使用しないでください。

用法及び用量(抜粋)

〈非典型溶血性尿毒症症候群〉

通常、ラブリズマブ(遺伝子組換え)として、患者の体重を考慮し、1回600~3,000 mgを開始用量とし、初回投与2週後に1回300~3,600 mg、以降4週又は8週ごとに1回300~3,600 mgを点滴静注する。

ユルトミリス®電子添文2022年1月改訂(第5版)